小学生なのに妙にエロいマンガ「無邪気の楽園」で、ワンピの女の子がおしっこ限界で、男子の目の前で、ラムネの瓶に放尿~!!

この一言だけで抜いてしまいそうなところですが、続きをご覧ください。

20代のサラリーマン、省太が、小学生の時代にタイムスリップする話、

【無邪気の楽園】の10巻です。ほとんど終盤なのですが、1~9巻も、おしっこネタはあまりありませんが(多少はある)、ちょいエロの楽しいマンガなのでおすすめです。

作者は雨蘭(うらん)先生。ヤングアニマルコミックス刊です。

クリックすると無料サンプルページに飛びます。

 

さて、ストーリーです。

夏祭りに出かけることになった、省太とサヨとリオ。

サヨちゃんのおしがまが始まるのか・・・と思いきや、意外な展開になります。

 

省太をめぐっていろいろと恋愛のゴタゴタがあって、もめています。

そこに張本人が登場。

サヨちゃんは内気な感じ、リオは対照的に、ツンツンで言いたいことはハッキリ言う感じの性格です。

 

雨が降ってきて、省太とリオが雨宿りをすることに。

こんな濡れちゃったし!!

というセリフがなにかのフラグのよう。

 

ん??来たかな??

 

 

サヨちゃんの涙も悲しいです。サヨちゃんのおしっこも見たいんですが・・・

今回の主役はリオです。

モゾモゾしています。もうお察しですね。

 

顔色を指摘され、ビクっとするリオちゃん。

表情もいいですね。

「・・・たいの」

キタ~~~~~!!!!

オシッコ!しかも、もう漏れる寸前という限界状態!いつの間に??

見られたくないから、省太にどっかに行ってほしいと言うリオちゃん。

「はっ」

ピクッ!

ん?まさか・・・

 

ふー。寸前のところで何とか押しとどめたようです。

ギリッギリの感じですね。緊迫しています。

 

で、省太が持ってきたのが、ラムネの空き瓶!!!

省太マジでグッジョブ!!

 

最初は恥ずかしがっていたリオちゃんですが、決意を固め、ラムネの空き瓶におしっこをすることにします。

「ゴクリ」

我々も、「ゴクリ」とかたずをのんでしまいます。

小学生のかわいいお尻がプリンと出て、

空き瓶の飲み口(省太が飲んだところ)に向かって、腰を下ろしていきます。

 

くぷ

密着完了。

何かと効果音がやらしいですね。

 

そして、、、、

 

プシャアアアアアァァァ・・・

 

ではなく、

カラカラカラカラカラカラ・・・

 

ときましたよ!新しい!

コポコポコポ・・・

ってこのアングル、ヤバ~~~!!

ラムネの瓶は小さすぎた!!

200ml・・・。そりゃさすがに小学生でも足りませんね。

 

おしっこをしながら、溢れないように、止めようとしている瞬間!

脚がプルプルしていてかわいい!

 

うわぁ・・・。

 

続きはこちらから!

クリックすると無料サンプルページに飛びます。

→無邪気の楽園 10